商品情報にスキップ
[ライトノベル]後宮の巫女は妃にならない (全2冊)

小学館

[ライトノベル]後宮の巫女は妃にならない (全2冊)

[ライトノベル]後宮の巫女は妃にならない (全2冊)

通常価格 ¥1,386 JPY
通常価格 セール価格 ¥1,386 JPY
セール 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
タグ ファンタジー ライトノベル 中華 小学館 後宮 毛玉呂 謎解き 貴嶋啓

出版社:小学館
作者:貴嶋啓,毛玉呂
サイズ:105mm x 148mm
冊数:2
言語:日本語
カテゴリ:ライトノベル
最新刊発売日:2023-11-07

あらすじ:
嫌われ巫女、なぜか皇子に溺愛されてます!

いにしえの時代、神鬼の意を占う巫女あり。
神に通じ、鬼(死者)に通じる彼の者たちは、その力を以て王の治世を補佐したもう。
よってその存在、あまねく国の行く末を占うものなり――。
かつては王権のそばにあり、大変貴重とされた巫女。
だがこの国ではいつからか、巫女は忌まわしい存在として迫害されるようになってしまった。
今は 新しい王朝が立ち、それに従いようやく禁巫の令は取り消されたが、巫女の血を引く者は、長い迫害の期間を経て激減していた。
そんな中、巫女の血を誇る祖母に地獄の英才教育をほどこされた螢那は、実はがっつり巫女の力を持っていた。
……が、本人の感覚は「ちょっと霊が見えるだけの平凡な女の子」という程度。
祖母亡き後、なさぬ仲の義母にいじめられつつも毎日やり過ごしていた螢那だったが、
ある日、火事騒ぎに巻き込まれ、そこで出会った男にさらわれて後宮に入れられてしまう。
人さらいはの正体はこの国の皇子・侑彗。
いわく「王朝にかけられた呪いを解き、世継ぎ問題を解決できるのは巫女のみ」で、螢那を妻にしたいらしいのだが……!?
後宮を舞台にした、中華風なぞときファンタジー!

詳細を表示する

Delivery date?

The delivery date is determined by the region and delivery method.

Please check the delivery date.

Check